今日は日本プレスセンターで行われた,NIE推進協議会に出席してきました。

読売新聞の記者である,桜木剛志さんのご講演が今回のメインです。

日本プレスセンター

桜木さんは,多くの海外経験やラジオ番組に携わったりなど,多くの経験を重ねた後に新聞記者となられた方です。

また,私と年齢が近いこともあって,共感をしつつお話を聴くことが出来ました。

 

「新聞記事で日本が変わることもある,責任のある仕事です」と仰っていました。

社会に大きな影響を与える「新聞記事」を書く人が同年代にいるということ,そしてその人に会えたことも,嬉しく思いました。

 

 

帰りは,本会に誘ってくれた,都立国際高校の公民科の宮崎先生と飲みました。

宮崎先生と一杯

これからの私たちの在り方と言いましょうか,人生について語った気がします。

いかにも酔っぱらいなテーマなのですが,本気で語り合えたと思います。

 

宮崎先生も私と同年代,といいますか同じ歳です。

同じ歳なのにも関わらず,公民科教育では相当有名な先生です。

しかし,その宮崎先生も様々な紆余曲折があって今があります。

 

この世代は悩むのでしょうかね。

互いに語る楽しい飲み会になりました。