都高情研の名物、授業ツアーに参加してまりました。

私は都高情研の研究研修部で部長をやらせていただいており、授業ツアーのその研究研修部での事業の一環となっています。

今回は、いつもお世話になっている先輩、都立三鷹中等教育学校能城茂雄先生の授業です。

AND回路・OR回路・NOT回路を組み合わせて実際のボードでどのように動作するのかを確認する授業です。

生徒はPCの画面上よりも、実機で確認することのできる面白さを感じていました。

プログラミング教育もそうですが、こういった範囲の学習にはPCだけではなく、別の実機を使って体験の伴う実習をすることで、理解を深めることが良いと考えられています。

また、私も今回参加することで、そう思う契機となりました。

こういった実習の難点は準備が少し大変であり、導入に踏み切るのに少し抵抗があります。

しかし、生徒が興味深く操作する姿を見ると、私も導入してみようかなと思いました。

授業してくださった能城先生、参加されてた先生方、ありがとうございました。