IMGP0420 IMGP0416 IMGP0415 image1

研究授業の公開をしました。

授業内容は「情報科が行う主権者教育」です。

 

来年から18歳にも選挙権が与えられます。

本授業を受けている高校三年生は選挙に関わる活動をすることができます。

選挙,日本の政治に興味を持ってもらうとともに,

主権者として情報社会にどのように参加していけばよいのかを考え,

さらに私の思いを伝える授業となりました。

 

内容は・・・

ジレンマを感じるようなトレードオフの問題を生徒は考え,

同じ班の友人と話し合う,その繰り返しをさせます。

そして,最終的には情報社会の大きなジレンマ課題を

生徒自身が未来に政治家となったと想定し考えさせました。

そしてその課題の解決を目指すためにどうすればよいのかを考え

班の意見をまとめ,班単位でプレゼンをさせるという授業内容です。

 

この授業には多くの時間と多くの資料を使い,

そして多くの人のアドバイスのお蔭で作成できました。

東京都選挙管理委員会の方

親しくしていただいている公民科の先生

そして,事前アンケートなどに協力してくれた生徒たち

そういった人々の協力で作成できたのです。

 

情報科で主権者教育を取り扱うというのは,かなり挑戦的なものですが,

私は大切であると確信し実施しました。

もちろん,新たな試みですから課題は多くあります。

しかし,これからの日本の未来を背負う生徒たちに

考える契機を持たせたく,本授業をしました。

 

今後もこういった挑戦的な試みはしていきたいと思います。

授業を観に来てくださった多くの方々に感謝します。

予想より,本当に多くの方(20名弱)に来ていただきました。

本当にありがとうございました。