モラルジレンマを活用した著作権教育の実践

学校とICTに掲載されました。

モラルジレンマを活用した著作権教育の実践についてです。

 

===本文より===

著作権教育は情報モラル教育の一つとして実施されている。

情報モラル教育は二つの側面があり、一つは情報安全教育、もう一つはモラル教育である。

今回発表するモラルジレンマを活用した著作権教育は後者である。

情報社会の急速な変化により著作権の考え方は変化を続けており、法改正が追いつかないという現状がある。

そのため、一人一人のモラルの向上こそ著作権教育に求められている。

その教育実践と考察である。