30歳のわたし 授業実践

私は情報の授業で「30歳のわたし」という演習を行います。

30歳になったつもりで、30歳としての自己紹介をしてもらいます。

聴衆は自分の卒業した学校の高校生です。

(つまり、今のクラスメイトってことですが、そういう設定にします。)

進路に悩む彼らのために、高校卒業から現在までの経験を(したものとして)語ってもらいます。

 

この演習には3つのねらいがあります。

まず1つ目がプレゼン実習です。

高校生のあなたのプレゼンではダメです、30歳ならこんなプレゼンをするだろう、そんなつもりでプレゼンを作り実施してください。

と伝えます。

そうすると、とても良いプレゼンを作ってくれることがあります。

役割を与えるといいですね。

 

2つ目に進路教育です。

自分の目指す進路を具体化するための道筋を改めて確認できます。

もちろん自分を鼓舞することにも、またライバルである友だちを鼓舞することもできるでしょう。

また、言霊というと少し禍々しいですが、自分がこうなるのだと思ってプレゼンをして自信をもって話させるというのは、とてもいい結果をもたらすと信じています。

 

3つ目です。

これが実は情報科としての本当のねらいなのです。

プレゼンを仮でつくった後に、同じ班の生徒に見せて確認をします。

それに1時間を使うわけですが、そのまとめの際に以下の様な事を話します。

あなたの作ったそのプレゼンは、いまから約12年後の30歳のあなたが話す設定です。

その時代にどのようなテクノロジーになっているか想像して入れてくれましたか?

例えば30歳としてのあなたの職業を発表する場合、
今のテクノロジーにおける職業の説明になってしまっていませんか?

それは違いますよね。

12年後は今とは全く違うはずです。

だからそれを反映したプレゼンに手直ししてください。

と話すのです。

 

多くの生徒は、現時点でのその職業に憧れて、その仕事を目指します。

しかし、それは12年後、さらにその後の時代には異なるものになっていくでしょう。

(ちなみに教員という仕事が12年でどう変わっていったかを、私の体験をもとに話します。)

それを意識することで、今後のテクノロジーの変化、とりわけICT関連の進化に触れることになります。

 

この考え方を持たせるのが、この実習のねらいです。

 

 

そして、生徒は「え~」と言いながら次の時間にプレゼンを直し

全員の前でプレゼンをしてもらう、という流れになります。

 

 

みんなすてきなプレゼンをしてくれました。

この実践はお気に入りです。

 

日本教育新聞(11/14)に私の実践が掲載されています

20141114%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%95%99%e8%82%b2%e6%96%b0%e8%81%9e%e4%b8%80%e9%83%a8-800x738

2016年11月14日号の日本教育新聞に私の実践が紹介されていました。

とても記事として大きく,とても詳細に書いてくださっています。ありがたく思いました。

機会があれば是非とも読んでください。

記者の方が私の授業の見学をしてくださり,掲載になりました。

また,記者の方は,授業の後の研究協議まで参加してくださり,非常に熱心に授業について考えてくださりました。

授業の内容は,NHK for School の番組の一つであるココロ部を利用しました。

授業の中で,生徒に視聴してもらったのは第8回「みんなに合わせる”友情”」です。

番組は,LINEのような無料メッセージアプリのグループでのトラブルを取り扱ったものです。

本番組は本当に良くできており,高校生を含めた大人でも最後は考えさせられる内容になっています。

とは言ったものの,番組は小中学生を対象としたものであり,高校生はあまり対象にはしていません。

しかし,この授業をあえて高校生に見せて,メディア・リテラシーの視点から,何を伝えたくてつくられた,どういった意図でつくられた番組なのかを生徒に考えさせるという授業内容となります。

そして,最終的には「伝え方」が大切であること(これは番組もメッセージも含めて)に気づくという授業になっています。

この授業の教材は,鳥取県教育委員会専任講師の今度先生と一緒につくったものです。

また,来年度もこの授業をブラッシュアップさせて実施する予定です。

是非とも見学にいらしてください。

都高情研の研究授業「スマホ・コミュニケーションのポジティブとネガティブ」を実践発表しました

20161007%e9%83%bd%e9%ab%98%e6%83%85%e7%a0%9401-800x530 20161007%e9%83%bd%e9%ab%98%e6%83%85%e7%a0%9402-800x516

スマホ・コミュニケーションのポジティブとネガティブ

の実践を東京都高等学校情報教育研究会研究授業(授業ツアー)として実践発表をいたしました。

この授業は,NHK for Schoolの番組である「ココロ部」の第8回「みんなに合わせる”友情”」を利用して高校生に無料通話アプリの使い方を検討するとともに,メディア・リテラシーを育成する目的で実施しています。

元々この学校放送は小学生,中学生向けに作られた「道徳」の内容です。

SNSの利用と友情を考えさせる番組です。

このまま高校生に利用しても良い深い内容であり,番組自体はオープンエンドで生徒はとても考えさせられます。

しかし,そのままこの番組を利用するのではなく,

「なぜNHKはこのような番組を小中学生向けとして作成したのか」

を生徒に考えさせ,さらに,

「なぜ情報モラル教材はネガティブな教材が多いのか」

ということを考えさせるという,メディア・リテラシーの考え方も取り入れた内容としました。

生徒からの反応も良く,生徒の自由記述にも

「SNSの利用」「メディア・リテラシー」「伝えている情報の意味」など,様々なことを考え記述していました。

また,本授業の様子は,日本教育新聞(11月14日)に掲載されています。

本ブログでも紹介していますので,合わせてご覧ください。

また,写真も日本教育新聞社の記者の方から頂いたものです。

ありがとうございました。

20161007%e9%83%bd%e9%ab%98%e6%83%85%e7%a0%9403-800x53320161007%e9%83%bd%e9%ab%98%e6%83%85%e7%a0%9404-800x533

メディアリテラシーと震災に関する授業実践をしました。

震災とメディアリテラシー

メディアリテラシーと震災に関係する授業実践をしました。

生徒はかなり考えさせられる内容になっていると思います。

生徒からのフィードバックはそういったものが多かったです。

この授業は鳥取県教育委員会専任講師の今度珠美先生と一緒につくった実践です。

今度先生には遠路はるばるこの授業を観に来てくださいました。

本当にうれしく思います。

また,この写真は,今度先生に撮影していただいたものです。

この授業の詳細は,別のところで詳しく発表する予定です。

決まりましたら,こちらでご案内します。

視聴覚教育「学校放送を活用したメディアリテラシーの視点から情報モラルを考える実践」を共同執筆しました

20160401_1 20160401_2

視聴覚教育4月号にて,鳥取県教育委員会専任講師の今度珠美先生と共同執筆しました。

題名は「学校放送を活用したメディアリテラシーの視点から情報モラルを考える実践」です。

学校放送を教材として使用した授業実践です。

また,生徒にはポジティブに情報モラルを捉えてほしい,という想いから作成した授業の報告です。

是非とも手に取っていただいて読んでいただければ幸いです。

もしよろしければ,感想やご意見をいただければ嬉しく思います。

第9回東京都研究開発委員会情報教育部会 in 狛江市立狛江第五小学校

IMG_7530

開発委員会の検証授業の見学に行ってきました。

今回は狛江市立狛江第五小学校の竹谷正明先生の授業です。

算数の授業にタブレット機器を導入したものでした。

タブレットには先生が用意した素材もあり,それらを利用して新たに学んだ内容の問題を解くものでした。

生徒はタブレット機器をうまく利用して,思考をしておりました。

また,最終的にはそれぞれの生徒の答えを,正面のプロジェクタに映し,発表をしました。

特に班単位で,解き方を互いに発表をする姿が,小学生とは思えない良い発表でした。

おそらく,日頃から発表をしており,竹谷先生に鍛えられているのだろうな,

そのように感じる授業でした。

今回の授業も大きな学びを得られました。

ありがとうございました。

「情報科が実施する主権者教育」の研究授業をしました(都高情研)in 都立江北高校

IMGP0420 IMGP0416 IMGP0415 image1

研究授業の公開をしました。

授業内容は「情報科が行う主権者教育」です。

来年から18歳にも選挙権が与えられます。

本授業を受けている高校三年生は選挙に関わる活動をすることができます。

選挙,日本の政治に興味を持ってもらうとともに,

主権者として情報社会にどのように参加していけばよいのかを考え,

さらに私の思いを伝える授業となりました。

内容は・・・

ジレンマを感じるようなトレードオフの問題を生徒は考え,

同じ班の友人と話し合う,その繰り返しをさせます。

そして,最終的には情報社会の大きなジレンマ課題を

生徒自身が未来に政治家となったと想定し考えさせました。

そしてその課題の解決を目指すためにどうすればよいのかを考え

班の意見をまとめ,班単位でプレゼンをさせるという授業内容です。

この授業には多くの時間と多くの資料を使い,

そして多くの人のアドバイスのお蔭で作成できました。

東京都選挙管理委員会の方

親しくしていただいている公民科の先生

そして,事前アンケートなどに協力してくれた生徒たち

そういった人々の協力で作成できたのです。

情報科で主権者教育を取り扱うというのは,かなり挑戦的なものですが,

私は大切であると確信し実施しました。

もちろん,新たな試みですから課題は多くあります。

しかし,これからの日本の未来を背負う生徒たちに

考える契機を持たせたく,本授業をしました。

今後もこういった挑戦的な試みはしていきたいと思います。

授業を観に来てくださった多くの方々に感謝します。

予想より,本当に多くの方(20名弱)に来ていただきました。

本当にありがとうございました。

第8回東京都研究開発委員会にて研究授業をしました

IMG_14571

東京都開発委員会にて研究授業を行いました。

午後の5,6時間目の授業を見学していただきました。

授業を公開するのは3か月ぶり位であり,

良い緊張感がありました。

内容はコミュニケーションをするためのアプリについてです。

生徒には事前にアプリの利用傾向についてアンケートをとりました。

その結果を生徒に見せ,利用のあり方について検討をする契機としました。

その後,アプリの利用についての多くの問いを一人で考えさせ,

次に班で自身の意見を述べ,班単位で意見の検討と調整をさせて,

最終的にはプレゼンをする,という授業の流れとしました。

プレゼンの内容は,

「スマホを利用し始めたばかりの中学生に向けて,利用のあり方について啓発をするプレゼン」

をするつもりで実施せよ,というものにしました。

授業後に書かせた生徒の自由記述欄には,

「スマホの使い方について再考するきっかけになった」,

「人に伝えることで,利用方法を考え直す機会となった」等といった,

自身のスマホの利用のあり方について再検討をする,というような感想が多く書かれていました。

授業後には研究協議を行い,

多くの示唆に富んだ意見を頂けました。

非常に参考になりました。

授業を公開することは,とても緊張することなのですが,

こういった意見を頂けることが非常に嬉しく思います。

第7回東京都研究開発委員会情報教育部会 in 東京都葛飾区立中川中学校

IMG_4199

開発委員会の検証授業の見学に行ってきました。

今回は葛飾区立中川中学校の大山剛史先生の授業です。

 

SNSで起きている問題を生徒同士話合わせ,発表をさせていく授業内容でした。

また授業をアクティブラーニングで実施しており,エキスパート活動やジグソー活動を取り入れた先進的な授業形態でした。

また大山先生は時間をきちんと守り,生徒はその時間に合わせて動くことができておりました。

それは,日頃からの大山先生の指導がうまくいっている証拠にも思えました。

 

今回の授業も大きな学びを得られました。

ありがとうございました。

第6回東京都研究開発委員会情報教育部会 in 東京都立青峰学園

IMG_6318

本日は開発委員会で,都立青峰学園にいきました。

青峰学園にて情報の授業を担当し,ともに開発委員会で一緒に研究をする仲間である細川先生の授業を見学してきました。

細川先生の人間性がにじみ出る温かい授業でした。

内容は学園のWebページの掲示板の返答についての考察と実践です。

生徒はネットではどの様な気遣いが必要であるのかを自身で気づき,さらに学んでいました。

このような言い方は語弊があるのかもしれん。しかし,敢えて言うのですが・・・

授業内容,生徒の様子を観察しても,特別支援学校の授業とは思えません。

かなりハイレベルな内容でした。

細川先生をはじめ,青峰学園の先生方の親身な指導の繰り返しから,このような生徒が育つのだと感心いたしました。

非常に参考になる授業を見させていただきました。

ありがとうございました。

IMG_6319

情報の授業報告 富士通の横溝先生と一緒に授業

横溝先生①

 

情報の授業に「企業の専門家」を呼んでみよう!

「専門家の言葉」をきっかけに,高校生に情報の授業を通じて情報社会とキャリアにつてい考えてもらおう!

とういう考えで始まった,本企画の第4弾です。

 

 

第4回目の今回は,横溝先生に来てもらいました。

横溝先生は富士通の宇宙に関する開発研究をしていらっしゃいます。

特にご専門は人工衛星やそれを使った気象などに深くかかわっておられます。

 

 

お話の一部分を紹介します。

 

中学のとき,母親の一言がきっかけで夏休みの宿題で天気図を書こうと思った。

それがきっかけで,もともと野球部だったが地学部に入部し気象とのかかわり合いが続き,どんどん好きになっていった。

そして大学でも気象ができるところを選んだ。

好きなことを貫き通しておられます。お母さんの一言が大きかったそうですが,何がきっかけで人生が大きく左右するかわかりません。

好きなことをやり続けるために,その努力をされているのです。

 

本校の生徒が発表した内容にきちんとコメントをくださり,それに合わせてお話をしてくださる対話型の講義形式となりました。

私が生徒に将来などを考えさせる発問をして,生徒が発表し,それに対する示唆やこれからことをお話くださいました。

 

理系の生徒たちのクラスだっただけあったのか,技術的分野の紹介にもかなり一生懸命聴いていました。

また将来を考えるための質問がしたかった生徒が,放課後横溝先生が帰られた後質問に来ました。

きっと大きく影響を受けたからこそ質問に来たのです。

生徒は進路を考えるきっかけとして,大きく心に残ったことは間違いありません。

情報の授業報告 富士通の藤澤先生と一緒に授業

藤澤先生③

情報の授業に「企業の専門家」を呼んでみよう!

「専門家の言葉」をきっかけに,高校生に情報の授業を通じて情報社会とキャリアについて考えてもらおう!

とういう考えで始まった,本企画の第3弾です。

第3回目の今回は,藤澤先生に来てもらいました。

藤澤先生は富士通の研究所に所属しており,常にICTの最先端の研究に携わっておられます。

大学,大学院では超伝導などの研究をし,富士通ではLSIの研究を中心に関わっておられたそうです。

お話の一部分を紹介します。

実は高校時代から好きなことをやってきた。たとえば高校生の時は物理や数学が好きだった。

そしてその数学や物理を学べる最高の大学に行き,富士通もそれを活かせると思ったから入った。

凄いなぁと素直に思います。世にいう「好きを仕事にする」という,最高の状態ですよね。

しかし,「好きなことならば頑張れる」と藤澤先生の仰る言葉に,納得ができました。

二人で前に立ち,藤澤先生にお話をいただきつつ,私も聴きながら,質問しながら,そして生徒に実習をさせていく,という流れで授業を行いました。

ずっと一人が話すよりも,聴いている生徒には集中力をもって聴き続けることができるようです。

確かに少し難しい内容もあったと思います。しかし,生徒は集中して聴くことができていました。

それは,生徒が書いた提出された感想やメモを見ても知ることができます。

興味深い授業をありがとうございました。

情報の授業報告 富士通の石橋先生と一緒に授業

石橋先生と一緒に授業

情報の授業に「企業の専門家」を呼んでみよう!

「専門家の言葉」をきっかけに,高校生に情報の授業を通じて情報社会とキャリアについて考えてもらおう!

とういう考えで始まった,本企画の第2弾です。

第2回目の今回は,石橋先生に来てもらいました。

石橋先生は富士通にて海底ケーブルに関する仕事をしておられます。

また,石橋先生は英語が堪能であり,その能力を生かして様々な国の人たちと関わり仕事を進めておられるのです。

確かに海底ケーブルは日本と諸外国を海底にて繋ぐものです。よって人も様々な国の方と繋がっていかなければなりません。

授業内容は,他のクラスでもこれから実施していただくことになっていますから詳しくは述べません。

よって一部分を紹介しますと…

実は高校時代は英語が苦手だった。しかし,あるきっかけから英語が得意になり,それが自身の武器になった。

英語はこれからのグローバル化が進む現在,絶対必要である。

私もまったく同じように思うとともに,自分自身も英語をやらなくてはいけない気持ちになりました。

私のような苦手な者へのアドバイスもいただきました。

一つのことに集中する力を高校生のうちに身に着けておくこと。

別にそれは勉強に限ったことではない,部活動もその力を身につけるものだ。

ご自身が高校時代に頑張られた卓球部と受験勉強の関わりについてお話いただきました。

授業スタイルは,今回も石橋先生と私が教室前方におりました。私がファシリテーター役で石橋先生がパネリストとなる形で講義を行いました。

石橋先生の自身の体験の語りと,それに基づいて考え,議論する生徒たち・・・という流れを繰り返しました。

生徒は様々なことを考え,学びになったと思っています。

情報の授業報告 富士通の福冨先生と一緒に授業

福冨先生の授業3E04

情報の授業に「企業の専門家」を呼んでみよう!

「専門家の言葉」をきっかけに,高校生に情報の授業を通じて情報社会とキャリアについて考えてもらおう!

とういう考えで始まった,この企画の第1弾です。

第1回目の今回は,福冨先生に来てもらいました。

福冨先生は1976年に富士通に入社します。

ちなみに1976年は私の生まれる1年前ですから,そんな情報技術の初期の時代から最前線にいらっしゃったのです。

入社後システムエンジニアとしての経験を積み,そして数百人というプロジェクトチームのリーダーをやられていたそうです。

現在は,後進のプロジェクトマネージャーの指導に当たられています。

また,2007年から東京大学大学院,九州大学大学院,中央大学大学院,横浜国立大学などで講義をしています。

なぜ,そんなにすごい人を,私のような一介の都立高校教師が行う情報の授業に呼ぶことができたのか。

もちろん学校を通じて呼んだのではなく,個人的な繋がりからきていただいたのです。

ぜひその話もいつかしたいので,今度お話させてください。

授業内容は,他のクラスでもこれから実施していただくことになっていますから詳しくは述べません。

よって一部分を紹介しますと…

情報の歴史と実際の業務に携わった経験話に交えながらお話ししてくれました。

(これが知識だけで経験の薄い,私のような情報教員にはできないことですね。)

そしてこれから情報はどういう方向に進むのか,コミュニケーションとは,これからを生きる高校生のためのメッセージとして・・・

というようなお話をいただきました。

授業スタイルは,福冨先生と私は二人とも教室前方におり,私がファシリテーター役で福冨先生がパネリストとなる雰囲気で講義を行いました。

福冨先生の語りを聴いた生徒に,その語りに関する問いを考えるように私が促すとともに,それをグループで話し合わせ発表し,その発表に対して福冨先生からコメントをいいただきます。

さらにその内容に関連するお話しをしていただき,さらに深めていく,さらなる問いを考える,という繰り返しをしていく感じに授業は進みました。

生徒には相当な学びになったと思います。

授業が終わった後に,福冨先生との会話で・・・

「全員がこの話に興味を持ってもらうことはできないかもしれない。

しかし,誰もが情報に関わる。だからこそ考えてほしい。

さらに,この話から,僕と同じ業界に来てくれる生徒が一人でもいてくれたら嬉しい。」

と仰っていました。

私は情報サービスに興味を持った生徒は絶対いると思います。

回収した授業の感想からもわかりました。

今回の授業が情報技術を知るとともに,生徒が自身のキャリアを考える材料になってくれたと確信しています。

本当にありがとうございました。