全国高等学校情報教育研究会 in 和歌山

和歌山県にて私の実践を発表してまいりました。

発表タイトルは「情報Ⅰを見据えたデータ分析の実践」となっています。

案内はこちらになっています。

論文 情報Ⅰを見据えたデータ分析の実践とその成果

スライド 

よろしければ見てください。

また,河合塾のキミのミライ発見で発表されています。

 

第11回全国高等学校情報教育研究大会 in 秋田美術大学

8月9日と10日に秋田美術大学にて、第11回全国高等学校情報教育研究大会が実施されました。

 

私の師匠である堀田先生の基調講演がありました。

教育の情報科の動向と今後の展望についてです。

私たち情報科教員が一番知りたいところにスポットを当ててお話をしておられました。

同じ資料でも、きっと聴衆によって話分けているのだろうと思います。

それも学びとなりました。

 

また、私も分科会で発表をしました。

私の発表は他者との違いを知ることで自分への理解を深める情報モラル教育でした。

以下に要旨を記します。

(要旨) 今日の高校生は、他者とのコミュニケーションのために1日のうちに長時間にわたってスマートフォンを利用している(内閣府 2018)。一方、自分が他者と比較をしてどの程度スマートフォンを利用しているのかを知る機会はあまりない。今回の発表では、自分や友人の利用状況を認識することを通して過度なネット利用の予防やその対策を検討した授業実践の紹介と、そこでの生徒の様子やその実践結果を報告する。