テストの平均点は,実は「授業動画」で変化する?

明日,私の作った「情報の科学」の試験があります。

ただ,平均点がどうなるのか,少し気になっています。

なぜなら,前回の中間考査がやけに高かったのです。

その平均点がやけに高かったのは「授業動画」の視聴が関連している。

そう私は推測しています。

 

中間考査を少し前に実施しました。

その時の平均点がとても高く,85点くらいでした。

授業をした教員としては嬉しいことです。

生徒たちが頑張ってくれた証拠ですから。

 

ただ実は,私としては70点程度になることを予想しながら作りました。

しかし,このような点数となりました。

確かに,平均70点ですから甘めに作成したのですが,びっくりです。

 

私は,テストを作成すると,平均点の予想はほぼ当たるのです。

自分の所属ではまだ2年目ですから,予想が甘いのかもしれません。

しかし,こんなに外すとは思いませんでした。

 

同じ学校なのですから,去年度と学力が全然違うということはないでしょう。

では,何が違うのか,いろいろ考えました。

その結果,「授業の動画」をたくさん作ったのが影響をしているのではないかと考えました。

 

ある生徒の話では,

「情報の試験対策の方法がわからないから,とにかく動画を繰り返し視聴した。」

と言っていました。

ちなみに,その生徒の得点はほぼ満点です。

 

すべての生徒に当てはまるかわかりません。

しかし,動画で授業を繰り返し視聴できるように,こちらが準備することは

中間考査の平均点からも,生徒にとって良いことなのかもしれません。

 

授業を1回受けるのと,

動画で授業を繰り返し視聴ができるのとでは,

それは後者がいいに決まっています。

では,授業を1回受けて,その後自分なりに学習をするのと,

その授業を繰り返し視聴するのとでは,

どちらが「勉強」として効果的なのでしょう。

 

条件によって違いますよ,と多くの方がおっしゃるでしょうし,それはわかるのです。

ただ,授業を各教室でするという「学校の仕組み」について考えてしまう出来事でした。

それはまた今度話します。

 

明日の考査試験も生徒は頑張ってくれる,そう思っています。

 

Follow me!