img_2316

 

大阪大学にて実施された,日本教育工学会 第32回全国大会にて口頭発表をしてまいりました。

発表題名は高校生がメタ認知によって ネット依存を考える授業実践の報告です。

 

簡単にあらましを述べますと・・・

高校生がネット依存尺度を用いたり,ネット利用の頻度などを調べたりすることで,自分自身のネットの依存や利用の傾向を分析させる授業実践の概要の報告の発表です。

この実践を通じて,高校生は自身による分析で,自身のネットに対する依存や利用の傾向を知ることができます。

また,高校生は自身のネット依存や利用状況を改めて知ることによって,ネットの依存傾向の予防や改善につながると考えています。

さらに同学年の他者のデータ分析の結果を記述し,さらに発表活動をする,とういう授業内容となっています。

生徒の内省報告によれば,ネット利用のあり方を検討ができたという意見が多くがみられました。

結果として今回の授業実践は,ネット利用の状況や依存傾向について,生徒が自らのメタ認知を促す契機となったと考えられます。

以上のように発表をいたしました。

 

たくさんの先生方に聴いていただき,大変参考になるご意見,ご質問も頂けました。

また,発表後に個別で感想をくださる先生もいらっしゃいました。

さらに,堀田先生からも指導を頂き,充実した発表となりました。

多くの学びを頂きました。

ありがとうございました。

 

img_2337