日本教育工学会の研究会で発表をしてきました。今回の私の発表題目は「高校生のインターネット利用傾向と学校生活スキルの関連性」です。

今回のJSET研究会の実施場所は札幌市にあります,北星学園大学で行われました。

 

午前中に私の師匠である,堀田龍也先生の発表がありました。

 

[JSET研究会in札幌]堀田先生01

 

 

題名は,「小学生の漢字書き取りにおける誤答の分布および教員の採点における重要度に関する分析」です。

実は堀田先生の学会発表は初めて見させていただきました。

論理的であり,わかりやすい説明,かつ,とても興味を引き付けられる発表でした。

学会発表とはこのようにやるのだ,と大きく勉強になりました。

堀田先生の発表を見させていただくだけでも,東京からはるばる札幌の研究会に参加した意味がありました。

 

私の発表時間は午後の一番最後でした。

自分では普通に発表ができたつもりではおりましたが,後で堀田先生にきちんとご指導いただきました。

また,見てくださった先生にも内容についてご指摘をいただきました。非常にありがたく思いました。

研究会の良さは,この様にに色々な先生方に自分の研究をみていただく経験ができ,さらにご意見がいただけるという贅沢な状態にあることです。

発表は緊張もするのでもちろん疲れました。

しかし,それ以上に得るものが多く,これからも多く発表をしたいと思いました。

 

そして,得るもの第2弾として・・・

夜は北海道の食材を使ってイタリアンを作ってくれる,堀田先生お気に入りの「サグラ(Sagura)」というお店に行きました。

堀田先生,北海道の先生方,堀田先生の今回の研究をご一緒にされた高橋純先生と大学生さん,そして私を含む堀田ゼミの2人というメンバーでの食事会となりました。

お店の雰囲気もとても良くて,本当においしくて,そして皆さんから多くのお話をいただける楽しい会になりました。

サグラは本当においしい店です。創作料理がすごくて,マスターのこだわりが伝わってくる料理たちでした。

素敵な時間をありがとうございました。

 

Sagura01 Sagura03

 

今回の学会発表も,ものすごく勉強になりました。

研究をこれからも頑張るぞ,とモチベーションが上がる研究会となりました。